2012年5月4日5日福島南部(浜通)-茨城(海岸)-千葉北部(佐原&九十九里)
May 6, 2012Public
Photo: 常磐インター広野ICです。高速道路の表示では「自然災害のための通行止め」、ここでは原発事故のための「警戒区域」でこれ以上行けないことが表示されています。
Photo: 常磐道広野ICでの放射線量値です。風向きによって値が乱高下します。これはかなり高い値。1.82μSv/h、つまり年間では15mSVという、政府が緊急用に値を上げた20mSv/年にかなり近い値となります。
Photo: これは広野ICでの値ではかなり低い値、1.06μSv/年を示しています。。これでも年間9.36mSvとなり、従来の(平常時の)年間の限界線量値1mSvを超えています。
Photo: 福島県いわき市久ノ浜、津波被害後1年以上経ってもこの惨状です。
Photo: 福島県いわき市久ノ浜、堤防が壊れたままです。
Photo: 福島県いわき市久ノ浜。
Photo: 福島県いわき市久ノ浜、まだかなり高い放射線量値です。年間では1.3mSvになります。
Photo: 福島県いわき市久ノ浜漁港。漁船が打ち上げられたままです。
Photo: 福島県久ノ浜漁港、海岸に降りる階段の手すりが破壊されたままです。
Photo:
Photo: 小名浜漁港、市場食堂。
Photo: 市場食堂の刺し盛り定食、1550円。
Photo: メリカリの解説記事。
Photo: まだ津波の跡が残る小名浜漁港。
Photo: 福島アクアマリンと住友化学(煙を出す工場)。
Photo: 福島マリンで買われているオウムガイ。
Photo: 巨大水槽の向こうに見られる観光客。
Photo: 福島マリンではサンマが飼われています。
Photo: これがメヒカリです。
Photo: まだ完全に元通りになっていない福島マリン。復旧工事が継続中です。
Photo: 福島マリンのイワシの大群。
Photo: 大洗マリンタワー。
Photo: マリンタワーから見る筑波山。
Photo: 大洗海浜公園。